ばら漫歩(Y)
会長  金子 常郎


世紀のバラ

 「ピース(注1)」は実に偉大なバラだと思います。
 卵色の地にローズピンクの覆輪を装うふくよかな花色、整っていて、ゆったりと大な花容、広潤、厚手で照りのある立派な葉、頑健で姿の整った株立ち、どれをとってもそれまでのバラのレベルを抜く堂々たる逸品です。
 R.キネンシス、R.ガリカ、R.フェティダなど個性的な野のバラの遺伝子を組み上げてここに至ったとは、思えばまことに驚きです。そういう美質ばかりでなくて、「ピース」の出自はまさしく時代を象徴しています。このバラはハイブリッド・ティ系がペルネシアナをとり込んで、いよいよ全盛期に向かう時に芽生え、間もなく遭遇する第2次世界大戦の逆境をくぐり抜け、平和の訪れと共に、世界にその偉容を花開かせたバラ、しかも、以後この品種抜きでは語れない新しいバラの時代を展いたのですから。

シャルル・マルラン

 1928年、偉大なジョセフ・ベルネ=デュシェが世を去ったあと、その衣鉢をついだのは、女婿のジャン・ゴジャールです。しかしアマチュア出身のシャルル・マルランも亦、まさしく先輩のエスプリを受けついだ一人でした。
 シャルル・マルランという人は、たいへん個性的な育種家でした。もともとセントラルヒーティングのエンジニアでしたが、バラの魅力にとりつかれ、安定したその職を擲ち、グルノーブル郊外のバースに居を定めてバラの育種に打込みました。しかも、最も理論的な育種家と認められはじめていました。
 彼の作品も独特な個性を持っています。謳うように、舞うように、華やかな色彩と花形を繰り広げ、1930年から1940年代にかけて、バガテルの金牌を最も多く授賞した作家でした。
 私などは彼の作品にフランスのエスプリを見る思いで、すっかり虜になってしまい、今でも彼の作品のいくつかは大切にして密かに楽しんでいる次第です。古いバラ仲間には、そんな私と気脈の通ずるマルラン気狂いがまだ残っています。シャルル・マルランヘの思いはいづれ改めて書かずにはおれないでしょう。
 1929年の夏のこと、シャルル・マルランは近隣のバラ屋達を自分の園圃へ招待しました。ただ変わったことに、バラに関心が持てる程の年頃になった息子を持っている人に限って息子同伴の条件で声をかけたのです。リヨンの郊外、タッサンの園芸業者アントワーヌ・メイヤンは17才になった息子のフランシスをつれて、バースに出向きました。フランシス・メイヤン(注2)はこの時、マルランの園圃に咲いていた杏黄のハイブリッド・ティに心を奪われ、自分の育種家としての本性に火がついたのだと語っています。この出会いからシャルル・マルランとフランシスの間には深い絆が生まれ、シャルル・マルランはフランシスを「私のお弟子」と呼ぶようになります。この時の杏黄の新花は、その年バガテルの金牌を獲得し、同時にアメリカのコナード・パイル商会から発売されて爆発的な人気を呼んだ歴史的な銘花、ミセス・ピエール・S・デュポンでした。今日でもわが国のカタログに時折見出すことができる品種です。
 「ピース」の物語はこのあたりからはじまります。

ピース誕生

 ニースに程近く地中海沿いのアンチーブで、フランシスはマルランのアドバイスを受けながら自分のバラの追求をはじめていました。1935年、当時23才になっていたフランシスは、この年3回目になる55花への花粉媒助を行いました。うち52が結実して、800本の実生が芽生えました。これを選抜して残した40番目の実生に3−35−40と符号がつけられました。ヴァージン・フラワーでは特に目立たなかったものが接木した翌年には見違えるばかりの素晴らしい花を見せました。1939年の夏まで、この3−35−40は、アンチーブを訪れる人達の間で称賛と注目の的になっていました。 1939年9月、ヒトラーのドイツはポーランドヘ侵攻し、フランス、イギリスは直ちにドイツに宣戦布告して第2次大戦に突入、バラの世界も国際交流が絶たれてしまいます。3−35−40の穂木は、その直前、ドイツ、イタリア、そしてアメリカのコナード・パイル社へ送られました。しかし、それらの運命をフランシスは終戦まで知りえなかったということです。
 フランス国内では「マダム・アントワーヌ・メイヤン」と名づけて発表されました。フランシスの幼いうちに亡くなった母親の思い出に捧げた命名でした。
 1942年発表との記録があります。戦時下のことですが、早々とドイツに占領され、ある種の安定が生まれていたのでしょうか。余談ながら、バガテルの国際新花コンクールは1943年にも行われていて、マルランの作品と共にはじめて外国の、しかもドイツのコルテスの作品、インデペンデンスが金牌を受賞し何やら政治のからくりが潜んでいるような気もしますが、このインデペンデンスはそれまでなかった朱赤色のフロリバンダの育種に画期的な役を担うことになった品種です。
 コナード・パイル社は3−35−40を第2次大戦の終焉を記念して「ピース」と名づけて発表しようと目論んでいました。そして、1945年4月29日、ベルリン陥落の当日、アメリカでのバラ大会の席で念願の「ピース」が誕生しました。折りしも、サンフランシスコでは国際連合設立の世界会議が行われていました。同社は各国の代表49人の各部屋へ次のようなメッセージを付けて、一本の「ピース」の切花を届けたのです。
 「このバラはベルリン陥落の日に、パサディナで開かれた太平洋バラ会議で「ピース」と命名されたバラです。私共はこの「ピース」が世界の恒久平和を願う人々の想いに役立って欲しいと念じております」心にくしい演出ですが、「ピース」はそれに価する驚異のバラだったといえます。
 幸いドイツでもイタリアでも3−35−40は生きのびていて、ドイツではグローリア・ダイ(GloriaDei)、イタリアではジォイア(Gioia)と名づけられて販売されました。従って、このバラは四つもの名前を持つことになったわけです。
 大戦前、フランスのバラ界がアメリカとはどんな関係にあったのかは私には計りかねますが、フランスの作家達は営業を自分達の手の内でこなし、アメリカヘの売り込みに積極的ではなかったのではないかと推測されます。一方、やがて世界的なバラの商社になるアメリカのコナード・パイル社は、早くからヨーロッパのめぼしい新花の販売権獲得を目指していたようです。マルランのミセス・P・S・デュポンによるアメリカでの大成功はその最初の成果だろうと思われます。シャルル・マルランという人は、どうやら他のヨーロッパのブリーダーと違って、新しい国際感覚や権利に対する問題意識を持っていたようです。ミセス・P・S・デュポンをはじめ彼は多くの自作品のアメリカでの販売を同社に委ねています。さらに、同社のロバート・パイルをまだかけだしのメイヤンのナーサリーに誘ってその将来性を紹介し、アメリカの市場での販売契約を結ばせました。
 若いフランシスがアメリカを旅して、新しい知見を蓄えたというのも、きっとマルランのアドバイスがあったのでしょう。1937年にフランシスはゴールデン・ステートという自作の黄バラをコナード・パイルから売り出して、はやくも国際的な成功を収めました。
 当時、新品種の権利を保護する制度はアメリカにしかありませんでした。フランスでは後年、メイヤンがはじめて「メイヤン・ルージュ」というバラでパテントの取得に成功したのでした。コナード・パイル社との契約は、おそらく新花による確かな利益確保の道を開き新たなバラの時代の先触れになったのでしょう。「ピース」はその膨大なロイヤリティで「世界のメイヤン」の基礎を築きあげたのです。

日本でのピース

 昭和23年(1948)の5月、日本では戦後はじめてのバラ展が銀座の資生堂で催されました。周囲にはまだ焼け跡が残り、食料、衣料すら不足の時期でしたから、この催しに奔走した鈴木省三(注3)さんは「思えば随分、無謀なことをやったもんだ」と述懐しておられます。しかし、その反響は内外とも大きく好意的で、国内では復興への励ましとして共感を持って迎えられ、GHQは占領政策がいかにうまく遂行されているかの証しとして大いに利用したらしいといわれます。
 この展示の母体のバラは、とどろきばら園で生きのびた300種、名古屋の亀岡さんの提供された200種によったので、勿論新しい輸入はまだ行われていませんから戦前1930年代までの初期のハイブリッド・ティやペルネシアナでした。来場者の中に米軍の高級将校でサンフランシスコばら会の会長か副会長だかでバラに詳しい人がおり、日本に、数多くの貴重な戦前種が保全され、それが系統に従って上手に展示されているのに大いに感心し、誉めてくれましたが、ここにはまだピースがありませんね、来年は是非お届けしましょうといって帰っていったということです。
 この展示会を契機に戦後の新しいバラ会が発足しました。今日の日本ばら会の前身です。この年、秋にも銀座のフェニックス・レストランで展示会をやったと鈴木さんはいわれましたが、当時の秋のバラのことです。おそらく少人数の親睦会の域をでるものではなかったでしょう。
 翌年の春のバラ展は横浜の貿易博会場で催されました。約束のピースは何と軍用機で送られてきたとのことです。まだそんな輸送手段しかなかった時代です。鈴木さんは羽田に受取りに行かれました。「お棺みたいな大きな箱につめられていて運ぶのに苦労したよ」とその時を振り返られたものです。それが日本にはじめてお目見えした「ピース」でした。当時の関係者の驚きは語り草になっていましたが、昨年、鈴木さんが亡くなり、またこの10月に長老の寺西さん(伊丹ばら園)が亡くなって、もう当時を語る方も見当たらなくなってしまいました。
 ところでその時から45年経た1994年(平成6年)の春、私達はアメリカヘバラの旅をしました。サンフランシスコではゴールデンゲート・パークの植物園のはずれにある、バラ会の本部ホールで多勢の会員の歓迎をうけました。会員方の手作りのディナーパーティでした。その席に、バトラーさんという小柄でかなり高齢の御婦人が参加されていました。和やかな交歓がすすむうち、彼女は一枚の写真を披露しながら、こんなことを言い出したのです。
 「1949年の春に、私達は日本ヘピースの切花を贈りました。今でも、夫がその荷造りにはげんでいた姿を思い出します。これはその時のお礼にミスタースズキから送られてきた記念写真ですが、この中のどなたか今日お見えではないでしょうか」
 皆ガヤガヤと写真を覗き込んでいましたが、誰もすぐには何のことか分からないのでした。私は、あのピース到来の話を聞き知っていたので、しばらく見つめるうちに、まず、私の息子のような若い叔父を見つけました。すると、学生のような鈴木さんがいます。そのうち、昔、見覚えのある大先輩方、藤井さん、寺崎さん、小松太郎(注4)さんも見えてきます。前列の人達は子供の頭ほどもある花冠のバラを抱えています。ピースに違いありません。
 私はやっと、ここにいるのは私の叔父ですが、もう故人です。私の見知っている方も皆亡くなっています。この隅のミスタースズキはいまも健在で活躍されていますが、この我々のパーティーには参加していません。やっとそんなことを伝えただけでした。バトラーさんは何かつぶやいていましたが、よく聞きとれず、それ以上接ぎ穂はないのでした。帰国して鈴木さんに報告すると、その写真を貰ってくれとおっしゃる。ご自分が送った筈なのにと思いながらも、バトラーさんにお願いすると、引き伸ばした写真とネガのコピーが送られて来ました。
 私達はあの訪問の時のお礼に一緒の記念撮影や皆のスナップを集めて一冊のファイルにし、サンフランシスコばら会へ送りました。バトラーさんから頂いた写真もその中に加えました。サンフランシスコばら会本部の大きなショーケースの中には、会の歴史を語る様々な記念品が飾られていましたから、このファイルもきっとそこに納められているでしょう。機会があったら是非覗いてみてください。

ピース・ファミリー

 フランシス・メイヤンは「ピース」を母木にも父木にも用いて、新鮮でスケール の大きなハイブリヅド・ティを続々と発表します。
 古いローザリアンにはどれも忘れ難い名前でしょう。こうして名前を書き記すだけであの頃の期待や興奮までが、まざまざと蘇って来ます。 勿論、メイヤンばかりでなく、世界中のブリーダー達は競ってピースの遺伝子をとり込み、多くの銘花をつくり出しました。
 どれも皆さんに親しい、それぞれの時代を代表したバラばかりです。
 昨年刊行された「モダーンローゼス」(注8)の最新版XI版の表紙は「ピース」で飾られ、巻頭には「見事な遺産・ピース」という長文のエッセーが掲載されています。20世紀を振り返って「ピース」をこの世紀のシンボルとしているのです。このエッセーによるとピースのF1は285種にものぼるそうです。もしF25)まで拾えば膨大な品種数に広がるでしょう。「スーパースター」のように20世紀の後半、新しい朱系統のバラの育種に大きく貢献した品種もF2です。従って、ピースの遺伝子は現代のバラの大部分に浸透していることになります。「ピース」が20世紀のバラのシンボルとされるのは尤もなことです。
 戦後、はやばやとバラに飛びついたローザリアンの庭は、皆1930年代までに輸入され生き残ったバラ達でした。昨今のバラに比べれば、弁質は悪く、花持ちに劣り、褪色もあって、欠点の多いバラでしたが、一面デリケートで捨てがたい優しさも持っていました。しかし、1955年、昭和30年頃になると奔流のように輸入されてくるピースファミリーを中心とした戦後種によって、多くは忽ちに取って替わられてしまいました。
 バラはピースを境に明らかに変わって一つの新しい時代を迎えました。19世紀のバラ、オールドローズとピースに挟まれた時代のこれらの優しい"モダーンローズ達"を私は勝手に「ネオ・オールド・ローズ」と呼ぶことにしています。
 さて、かほどの「ピース」も昨今では余り見かけなくなってしまいました。退化しているせいだとも耳にします。この品種のように複雑な交配で成立っているモダンローズが退化し易くなっているのは確かのようです。コンテスト花として、あれほど権勢を振るったコンブィダンスなど、その残念な一例です。まさか、剣弁高芯の切花を最高と見なす何時からかの美意識が、ピースの豊かさを時代遅れと見捨ててしまったせいではありますまい。
 実は、いま私は「ピース」を持っていません。何年か前クラウンゴールで抜き捨てて以来、ひしめき合う私の狭い庭に入り込む機会を失っているのです。こうして「ピース」を振り返って来て、私は改めてもう一度本格的に育ててみて、この偉大なバラの晩年(?)を確かめてやらねばならないと思い直した次第です。
(注)
  1. 実生の交配記録は「鎌倉ばら会だより No19 15頁」に記載。
  2. フランシス・メイヤン− ピース、ピースファミリーの他黒花シャルル.マルラン、朱赤のムーランルージュ、アランなど戦後の新時代をリードする作品群を残し、惜しいことに1958年47歳の若さで世を去った。
  3. 世界的な日本のバラ育種家。ミスターローズと呼ばれた。平成12年1月没
  4. ドイツ文学者 鎌倉バラ会創立以来の顧問、バラ、クレマチス、ライラックほか植物を愛した園芸家。カレル・チャペック「園芸家12ヶ月」(中公文庫)の名訳で有名。昭和49年7月没。
  5. F1、雑種1代、この場合ピースの子。F2、ならば雑種第2代で孫になる。
  6. フランシスの祖母。母クラウディア亡き後メイヤン家の家事を支えた。
  7. フランシスの娘。
  8. 国際登録された全園芸品種、歴史的、植物的なバラ、を解説した総合リスト。1930年最初の版がアメリカバラ協会から刊行され、以来、数年毎に改訂出版されて2000年にXI版が出された。約30,000種を収録。
参考資料:
  1. 「The Makers of Heavenly Roses」 J. Harkness, 1985
  2. 「薔薇と生きて」鈴木省三、バラ文化研究所編、 2000
  3. 「Modern Roses」XI、 2000       ほか