消毒  施肥
 花後の管理とシュ−ト
 その他


はじめに  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月  おわりに
大月さんのばら講座表紙へ戻る   バラのページへ   Mohri's Home Page へ

大月さんのばら講座  ◇季節の手入れ 6月◇

 充実と蓄積の冬から解放された可愛らしいばら達のデモンストレ−ションの結果は如何なものでしたでしょうか!
 無我夢中で花の乱舞を観賞し,評価し,楽しい日々も束の間,其後には自己栽培の評価と反省が待っています。
 夫々の品種の標準的栽培に於ける夫々の樹性,特性は如何なものだったのか,夫々の開花の時期,色調,弁質,形状,芳香度,花保,ステムの度合等々,立地,気象条件に依る影響度合,水,肥料の多寡度合,切花後の水揚げ,芯上りの度合等,自己栽培に於ける評価と反省のポイントが盛沢山あること,特に新種に対する,此等の評価と反省は重要で,夫々の品種の特性が折合いの良い立地条件に,地植又は転植に役立つ様配慮する事が必要でしょう。来たるべき秋から来春にかけて,大いに参考になさって栽培の手法とする様努力する事が大切です。

 今月は花後のばらにとって,年間を通して一番成育の盛んな季節です。開花後の疲れた樹勢やシュ−トの育生管理に特に適切な手入れが必要となります。又病虫の活動も,活発化してきて,非常に繁殖の旺盛な季節ですので,適切な薬剤散布も重要な作業となります。
 「春の花は自然が咲かせてくれる」と云われます様に,春花は少々の手抜きがあっても,或程度の良花を得る事は可能ですが,秋の良花は,6月よりの手入れの努力と蓄積が保証してくれるものです。そこで来春の素地造りとなる事も記憶しておかねばなりません。入梅期から夏期を通じて,病虫害防除を始めとする―連の作業が適切に行われたなら,健全な葉を沢山付けた立派なシュートが発生して,今秋,来春と待望の良花が保証される事でしょう。

手入れのポイント
 1)消  毒
   @集中・定期散布の実施。
 2)施  肥
   @お礼肥(追肥)。
   A夏の元肥。
 3)花後の管理とシュ−ト
   @咲き殻と予備枝の管理。
   Aシュ−トについて。
 4)其  他
   @潅水について。
   Aマルチングについて。
   B新苗の手入れ。
   C鉢植の手入れ。
   Dビニ−ル屋根の除去。


1 消 毒

 先ず今月の第1の手入れは薬剤散布となります。木の成長の旺盛な時期であると同時に,病虫害の活動も非常に活発な月ですので,先ず何よりも消毒を優先して作業を進める様にして下さい。上旬頃より梅雨に入りますと高温多湿で,病菌や害虫が絶好の繁殖条件となり活動が活発化する時に,5月始めより開花の時期の為に薬剤散布を中止して参りました関係上,6月上旬(展示会後)の消毒は,何よりも大切な作業です。出来れば梅雨に入る迄に集中して(2回以上)徹底的に消毒をする様にします。此の6月上旬の消毒を怠ると,病気や葉ダニが蔓延して,秋は勿論の事,来春の良花も見る事の出来ない結果となります。必ず集中散布を実行しましょう。
 今月からの病虫害は多種多様で,ウドンコ病,ベト病,黒点病,ポトリチス病,葉ダニ,夜盗虫,落下傘虫(夜盗虫の幼虫),ブイブイ(黄金虫),花モグリ,カミキリ虫,鉄砲虫(カミキリ虫の幼虫),チューレンジ蜂,油虫,象虫,等々多くの病虫害を生じますが,特に病原菌はアメーバ的に活発な繁殖をして,短期間に蔓延します,ので,毎朝見回り乍ら早期発見して防除する事が大切な作業です。
 私は6月上旬の集中散布用薬液を次の様なA又はB液により,交互に散布する様にしております。その後はA又はB液を,2倍に薄めて定期散布(2週間隔に1回)の薬液として,使用しております。

集中散布用薬液(6月上旬にA又はB何れか使用)

  ┌ダコニ−ル(黒点病用)…………10g(1,000倍)
  |トップジンM(ウドンコ病)……10g(1,000倍)
A |D.D.V.P (害虫用)…………10cc(1,000倍)
  |テデオン(殺ダニ,殺卵用)……10cc(1,000倍)
  |展着剤…‥……‥……………………2cc
  └水……………………………………10g

  又は

  ┌マンネブダイセン(黒点病用)…10g(1,000倍)
  |ベンレ−ト(ウドンコ病用)……10g(1,000倍)
B |スミチオン(害虫用)……………10cc(1,000倍)
  |オサダン(葉ダニ用)……………10g(1,000倍)
  |展着剤‥………‥…………………‥2cc
  └水……………………………………10g
 定期散布用薬液(6月上旬以降2週間に1回)上記のA又はB液の濃度を2倍に薄めて,交互に使用しております。

(1)ウドンコ病
 ウドンコ病は年間を通じて,5〜6月と9〜10月が発生し易い気候条件となります。特に梅雨期は多発し易い条件が揃いますので,庭を見回り乍ら葉の裏面,茎の上部,蕾の下部附近を注意して見て下さい。初期の症状としては,葉がピンクに変色して少々葉が波を打っている様な感じのときは,先ずウドンコ病の初期と考えられます。何よりも早期に発見して,防除に心掛ける事が大切です。全部に蔓延して彼方此方に,灰色の葉や茎を見る様になっては,後始末に時間を要し木の成育を損ねます。梅雨の明ける迄は,特に注意深く観察して早期防除に努めましょう。
 品種(罹り易い性質のもの)や立地条件の関係等で発生する場所が,毎年同様の形態を辿るものと考えられますので,昨年発生源となった品種や場所についても配慮する必要があります。先ず定期的に散布をしておりましたなら,ウドンコ病の発生を見る事は先ずないと思いますが,万―発生した時には,此の時期ですと,バイレトン(3,000倍)又はミラネシン(2.000倍)が効果があると思います。

(注)罹り易い品種
クリスチャン・ディオ−ル,ガ−デン・パ−ティ,ス−パー・スター,レッド・ライオン,ロイヤル・ハイネス,ビッグ・レッド,スタ−・クイン,いざよい,サマ−・サンシャイン,等々

(2)黒点病
 黒点病は5月下旬頃から発生し始めて,6〜7月の梅雨時に多発する様です。気温も20℃以上25℃位で湿度の高い時,活動も活発となって猛威を奮います。黒点病はウドンコ病と異り,ばらの成長に重大な影響を与えます。ウドンコ病は全く完治しなくとも,気候と共に活動が中断きれ枯れ込む様な恐れはありませんが,黒点病は完治しないままに放置しますと,落葉し枯れる事すらあり,ばらにとって致命的病気です。此の為,定期散布をして先ず病気発生を防除する事が第一です。万―発生したときは,罹葉は全て取り去って焼き捨て,発生場所附近一帯を3日隔きに,3回,サプロ−ル1,500倍液又はダコニール1,000倍液を交互に,単用で消毒して様子を見る様にして下さい。初期であれば殆んど完治します。罹り易い品種,風通し等,立地条件の悪い所のもの,雨上り後(雨のはね上りにより罹病し易い)の下葉附近,CL,FL,等は,どうしても病気の発生源となる可能性が多いので,此等の所は特に念入りに,下葉の裏面から斑なく散布する様にして下さい。

(3)葉ダニ
 ばらの害虫の中で最も始末悪いのが葉ダニと云えます。葉ダニは非常に小さく,下葉の葉裏より発生する事が多い様ですが,早期発見が全く困難です。余程注意深く虫メガネ等で葉裏を入念に観察しない限り,早期発見は先ず無理です。その上繁殖力が旺盛で,短期間に数倍にも繁殖し,被害を受けると葉は黄変し,落葉します。蔓延しますと生育は中断し,黒点病に次ぐ葉害を受け,ばらの最成長期に生育が損なわれて,大切なシュートの発生も断念せざるを得ない結果となります。
 前述の様な,集中,定期散布を実行しておられるなら,先ず防除されているものと考えられますが,殺ダニ剤で留意を要します事は,抵抗性の問題です。
「基本的には,病虫共に各々耐性菌,耐性虫の出る可能性がありますから,ばらの場合,特に殺ダニについて,抵抗性を留意して,数種の薬剤を交互に使用する方が適切且つ効果的です」と(北興化学・研究所・千葉馨さん)
 此の点を考慮して,前述のA又はB液で,薬剤散布の際,殺ダニ薬剤を,テデオン,オサダン等,夫々交互に使用する様お奨めします。Mi,FL,CL,は葉ダニの発生源となる事が多いので,充分配慮して散布する様心掛けて下さい。

ページトップへ


2 施 肥

@ お礼肥(追肥)
 6月は1年中で最も成長の旺盛な時期です。立派なシュートを出させる様促す為にも,葉を落さず適切な肥培管理をして,元気に成長させる事です。
 多少の残り花はあっても,展示会が終り次第早急に速効性の肥料を,お礼肥として千代田化成(14−17ー12),又はハイポネックス(15−15−15)を20gバケツに10g又は10cc(大匙1杯)を入れ,良く溶いて成木1本当り10g(バケツ半分)を目安に施し充分潅水します。花期の間,肥料は中断して参りましたので即刻,正常な施肥栽培に戻す必要があります。然し多過ぎる追肥は,逆効果となりますので追肥は薄めに施して,シュートの出具合や枝芽の延び具合,葉の色艶具合を見乍ら,品種の特性に合せて適宜控え目に追肥を施す様にして下さい。

表 成木1本当リの施肥量肥料内訳

品種グループ油粕
(g)
骨粉
(g)
熔燐
(g)
もみ殻
燻炭
(g)
微量要素
アーゼロンC
乾燥
牛糞
(スコップ)
腐葉土
(スコップ)
標準種
ローラ,そどおり姫,
ビッグ・チ−フ,
フロージン82,等
100
300
200
200
100
(移植コテ杯)
2(杯)
1(杯)
寡肥種
コルデス・パーフェクター,
レッド・ラ イオン,
アルテス75,
いざよい,等
0〜100
200
200
200
100
多肥種
ガーデン・パーティ,
クリスチャン・ ディオール
,コンフィダンス,
レディ・ラック,等
200〜300
400
200
200
100

A 夏の元肥
 夏の元肥は冬の元肥と同様に庭の土質や土壌,立地等の条件に依って,用量,時期,方法,について夫々の条件に合った各自の経験を通して,施す様になるかと存じますが,私は6月末か7月の初めの頃に上表の通りの夏の元肥を施して,中耕し充分潅水した後,藁でマルチングをして,夏の元肥を終りとしております。

ページトップへ


3 花後の管理とシュ―ト

(1)咲き殻と予備枝の管理
 春花の咲き殻は,5枚葉1〜2枚を付けて切除して頂芽が出るのを待ちます。頂芽が枝に見合った太さの良い芽であれば,蕾を付けない様に,ピンチし乍ら1本の枝にする様に連げて行き,下の芽はかき取ります。
 頂芽が貧弱な芽でしたら,頂芽をかき取って,下芽の成長を促し,下の方に枝に見合った太さの良い芽が出たら,前述の要領で,1本の枝に連げて行く様に仕立てて行きます。
 此等咲き殻の手入れは,シュ−トを促す為の手段ですので,咲き殻を切除した後の芽が成長し―連の枝に仕立てて行くとき,5枚葉が10枚以上付く様になりましたら(2回位ピンチ終った頃)役目を果す事となります。此の間,通常ですと(シュ−トの出の標準種)下の方から,シュ−トの芽が動き始め,このシュートが成長して,2段目をピンチした頃(5枚葉15〜6枚になった頃)咲き殻の枝は,役目を果した事となりますので,元から切取ってシュ−ト枝の方に樹勢を移行し,新陳代謝を図り世代交代して行く様にします。
 次は予備枝についての管理ですが,予備枝は,芽かきの手入れの時から想定し,予備として育生して来た枝です。咲き殻の枝と同様に,蕾を付けない様にピンチをし乍ら―連の枝になる様にして行きます。こうして咲き殻枝と予備枝とを管理して行く間に,同化作用が活発になりつつ待望のシュ−トが下の方から出る様になって来ます。こうなればしめたもので,シュ−トの育生と共に樹勢のバランスを見乍ら,切花後の残り枝の切除,咲き殻枝の切除へと除々に世代交代を図って行く様にして下さい。

(2)シュートについて
 シュートは早いものは5月頃から発生しますが,通常は前述の様な過程を経て,花後に発生するものが多い様です。此の大切なシュ−トの育て方と手入れが,来るべき秋花,そして来年の春花への優劣を決定付ける主幹枝となります。立派に育てて新陳代謝を図る様努めましょう。
 先ずシュートが30〜40cmに伸び,葉が6〜7枚位(目安として)付けた葉節の(図1,参照)すぐ上の所を指先で芽上をピンチします。芽先に蕾が確認出来る様になってからでは,ピンチのタイミングとしては遅すぎて,大概は芽先の5枚葉の葉節の間から,ヒゲ芽の出ているものが多く,相当下の葉節の所迄下げてピンチせざるを得ない様になります。このヒゲ芽の葉節の所から(図2)ピンチしますと,脇蕾の様に,すぐ着蕾する様になり,良い枝にはなりません。その時は,ヒゲ芽のない正常な芽の葉節の所迄下げてピンチする様にします。この様にピンチのタイミングは,5枚葉が6〜7枚付けた頃を目安にして,葉節の段数にこだわらず,(品種により差異ある為)正常な葉節を選んで,少し早目にピンチする様にします。品種や樹勢に依っても,シュ−トの成長段階に於いて5枚葉の葉節の所より,ヒゲ芽の出る段数が異なりますので,観察し乍ら早目々々に注意深く,ピンチする様心掛けて下さい。
 此様にしてタイミング良く,ピンチを続けて,シュートを一連の主幹とする様に育てつつ,秋の剪定へと連げて行く様にします。万―伸び過ぎて困る場合には,3〜4段目のピンチのタイミングを遅くして,調整を図る事が必要となる例外的な場合も有り得ますので,念の為,参考にして下さい。

(図1)シュ−トのピンチ個所
   
@ピンチ個所, A咲き殻切除跡, B展示用切花跡

(注)ピンチは必ず指先で折り曲げる様にして切除しハサミは使用しない様にして下さい。


(図2)指先でピンチした個所拡大
   
(1)ヒゲ芽のあるピンチ個所(不適芽)× (2)富士山型の芽のあるピンチ個所(適芽)○

(注)早くピンチしないとヒゲ芽が出る品種(5枚葉が下から5〜6枚目位所でピンチ)
 (例)……いざよい,マクレディス・アイボリ−,等は早目にピンチ必要。


 6月は,ばらの最成長期ですし,特に大切なシュート発生の時期でもありますので,シュート管理につきまして,次の様な留意点を纏めて見ました。参考にして作業に役立ててみて下さい。

@品種に依り,シュ−トの発生し易いものと,出にくいものとがあること。
A―般に古いばらの木より,新しい木の方が,シュートが出易いこと。
B健康な木で,適当に健全な葉がついている株が,シュートは出易いこと。
C株元に日光が当った方が,シュ−トは出易いこと。
D深植にすると,シュートは出にくいこと。
E発生時期には窒素が少々多い方が,シュートは出易いこと。
Fシュートの出にくい種類は,主幹を株元から曲げると,シュートは出易いこと。(7月上旬になっても出ない時は,この方法が良い様です)
Gシュ−ト・ピンチは品種毎に,適期にする事が大切ですが,遅いよりは早い方が遥かに良いこと。
Hピンチする葉節に,ヒゲ芽があれば下の正常な葉節の所迄下げて,ピンチすること。
Iピンチは必ず指先ですること。(ハサミで切ると枯れ込む事がある)
Jシュ−トは2本位に制限して貧弱なシュ−トは,元から指先で取り去ること。
K発生したシュートは,日当りが良くなる様に工夫すること。
Lシュートを2段目,3段目とピンチする間にバランス(同化作用)を考え乍ら,古木は逐次切除して行くこと。(新陳代謝を図る)
Mシュ−トは特に病虫害に注意し,薬害を起さぬよ う注意して少し薄めに,朝か夕方散布すること。
N通常の品種であれば,次のピンチ迄の周期は,概ね2〜3週間位であること。
O4段目をピンチする頃になっても,秋の剪定期迄に未だ間のある時は,例外的に遅らせてピンチすること。
Pシュ−トが伸ぴて来たら,倒れない様に支柱を立てて真すぐ伸ばすこと。

ページトップへ


4 其他

(1)灌水について
 入梅となりますので灌水の機会が少くなると思いますが,雨量の少い時は,5〜6日に1回位を目安に,成木1本当り20g位灌水します。
 私は千代田化成(14−17−12)又はハイポネックス(15ー15−15)液を3,000〜4,000倍位に薄めて灌水代りにしております。
 夫々土質,土壌等の立地条件に合せて,地表が4〜5cm位,乾燥したかな!と感じた頃にタップリと灌水する様にして下さい。

(2)マルチングについて
 夏の元肥が終り次第,速やかにマルチングをして下さい。夏のマルチングは非常に多くの効果がありますので,必ず実行する様にしましょう。

(3)新苗の手入れ
 4月に植付けた新苗は,摘蕾を続け,薄目の水代りの液肥で生育を図って参りましたが,その成果は如何でしたでしょうか?順調な成長を続けておりますれば,5月中旬頃からシュ−トが伸び始め,6月には2段目が伸び出している頃(購入時の主幹の枝葉より,シュートの葉が多くなった頃),購入時の主幹は根元より切除します。その後は,5月同様に消毒,摘蕾,シュ一トの育生,そして追肥と的確に,作業を進めて行く様にして下さい。
(4)鉢植の手入れ
 薄い液肥を水代りに与えて,花後の早期回復に集中します。同時に骨粉,油かす,米ぬか(2:1:1)の割合にコーランを少々入れ,4月の施肥と同様,握って施す様にします。長雨の続く時は,根ぐされに注意し乍ら薄い液肥を,晴天の続く時は,毎朝灌水代りに施します。

(5)ビニ−ル屋根の除去  6月は雨や曇天の日が続きますので,日照時間が不足します。出来る限り早目に,ビニ−ルや寒冷紗等で覆った屋根は除去して,自然光を充分に与える様にしましょう。

以上で6月に於ける手入れを終りますが,今月は,ばらの最も旺盛な成長期でありますと共に,病虫害も非常に多発する月ですので,病虫対策を始めとして,お礼肥(追肥),元肥,シュートの育生,マルチングと手際よく,的確に作業を進めて行く様にして下さい。きっと秋から来春にかけても,立派な花が約束される事でしょう。

ページトップへ


はじめに  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月  おわりに
大月さんのばら講座表紙へ戻る   バラのページへ   Mohri's Home Page へ

counter