消毒  灌水と施肥
 整枝とシュートの育て方
 秋の剪定  その他


はじめに  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月  おわりに
大月さんのばら講座表紙へ戻る   バラのページへ   Mohri's Home Page へ

大月さんのばら講座  ◇季節の手入れ 8月◇

 盛夏の折,皆様如何お過ごしでいらっしゃいますか,暑中お見舞い申し上げます。
 開花後のばら達の生育は如何なものでしょうか。6,7月のシュートの出具合は如何でしたでしょうか!元気なシュートが,2,3本出ておりましたら,先ず秋の良花の為の前提条件は備えた事となります。其の後は此の 8月を如何に葉を落さずに剪定時を無事に迎える事が出来るかが,秋花への最後の難所と云えるでしょう。此処迄来て夏期の手入れに落度があったのでは,折角の花後の努力も水の泡です。
 先月も申し述べました様に,夏を如何に葉を落さずに乗り切るかが,秋花への良否を決定付ける事は勿論の事,来るべき春花への素地をも確定付けるものですから,剪定迄の―連の夏の手入れは,特に慎重になさって,秋から来春に向けての秀花を心に描きつつ楽しい作業としたいものです。その暁には,きっとばら達は此の期待に喜んで答えてくれる事でしょう。
 此の様な意味から今月の手入れは,消毒,灌水と施肥,整枝とシュートの管理等を経て,月末よりの秋剪定に至る迄の―連の作業が中心となります。

手入れのポイント
 1)消 毒…………………定期散布を励行。  2)潅水と施肥……………@潅水とマルチングの効果。              A追肥は立地条件に合せて。  3)整枝とシュートの育て方(秋の剪定を前提とした一連の下地造りを)           ………@整枝。              Aシュートの育て方。  4)秋の剪定………………@剪定のタイミング。              A剪定の部位。  5)その他

1 消 毒

 花後の定期散布を実行して居りましたら,殆んど病虫害は受ける事なく8月を迎える事が出来たのでは,と思われますが如何だったでしょうか!
 落下傘虫,ブイプイ(黄金虫),チューレンジ蜂,油虫,夜盗虫等に依る僅かな被害や,梅雨時に於ける少々のウドンコ病が発生した程度で,大した被害ではなかったのでは,と思われます。その上,シュートの1,2本も出て居りましたら,立派なもの,大成功でしょう。此の後は追肥のバランスと剪定以後の,秋花の枝立ての段階に手入れが集約される事となります。7月迄の間,殆んど病虫害の発生を見なかったとすれば,今月は上,中下旬と夫々殺ダニ剤を入れた,定期散布剤で消毒すれば充分でしょう。今月特に注意を要する事は,葉ダニが最も蔓延し易い月ですので,常時下葉の葉裏を観察して,早期発見に努めて下さい。
 (注) 葉ダニ剤の朗報
 プリクトランの発売停止に伴い,殺ダニ剤について真に困って居りました処,最近,北興化学よりニッソランV(殺ダニ,殺卵用)が発売されました,早速使用して見ました処,葉害もなく効果的でした,抵抗性の問題等も考慮に入れて,是非試して見て下さい。
 又今月末の剪定以降の頃から,今度は黒点病の発生が懸念されます。今日迄の発生の有無に関係なく,必ず定期散布は実行する様にして下さい。

定期散布用薬液(A又はB液,何れか使用)

  ┌ダコニ−ル(黒点病用)…………5g(2,000倍)
  |トップジン(ウドンコ病用)……5g(2,000倍)
A |D.D.V.P (害虫用)………10cc(1,000倍)
  |テヂオン(殺ダニ,殺卵用)…10cc(1,000倍)
  |展着剤………………………………2cc
  └水…………………………………10g

 又は

  ┌マンネブダイセン(黒点病用)……5g(2,000倍)
  |ベンレ−ト(ウドンコ病用)………5g(2,000倍)
B |オルトラン(害虫用)………………5cc(2,000倍)
  |オサダン(殺ダニ用)………………5g(2,000倍)
  |展着剤‥………‥……………………2cc
  └水………………………………………10g

黒点病発生時
  単用で ┌サプロール………………10cc(2,000倍)
      └水…………………………10g

葉ダニ発生時
  単用で ┌ニッソランV…………10cc(1,000倍)
      └水………………………10g
 (注)薬剤散布は風通しの良い日陰で,27℃以下の温度の時でないと,薬害を起し易いので,出来るだけ早朝か,夕方日が陰ってからの散布が安全です。

ページトップへ


2.潅水と施肥

(1)灌水とマルチングの効果
 厳しい暑さの下での太陽光の照りつけは,全く強いものですので何とかばらの生育の成果を期待する為には,先ず潅水とマルチングが重要な手入れのポイントと云えるでしょう。マルチング(8cm〜10cm位)がしてあれば,1週間に1度の充分な灌水をすれば事足りるのみでなく,土壌造りをする為にも非常によい結果となります。12月に施した稲藁等のマルチングが1部腐食して居る様でしたら,新たに補充する事を忘れぬ様にいたしましょう。

(2)追肥は立地条件に合せて
 夏の元肥が施して居りましたら,通常の条件(土質,水捌け等)でしたら,今月の追肥は,特に必要はないでしょう。然し肥保の悪い土質の場合は,1,2度の追肥(速効性)が必要となりますので,様子を見乍ら水代りに薄い水肥を施す様にしますと,効果が上る様になるでしょう。
 此の様にして1年を通して,各人の施肥量や方法についても,夫々の立地条件,肥培方法,又は夫々の品種に依っても,その差異を生じますので,最終的には過去の実績と経験を通して判断し乍ら,近所の先輩の方々の御意見をも交えて,己れの条件に合致した肥培方法を,早く身につける事が肝要でしょう。
 私の所は元来,山砂質に依るので(半分位は赤玉土を客土しましたが),水捌けは良く,肥保は悪い方ですので,木の様子を見乍ら水代りに追肥を与える様にして居ります。通常8月の後半からは,有機肥や遅効性の化学肥料は与えず,必要に応じて速効性の化学肥料を与える様にして居ります。特に秋の剪定直後は,芽出し肥として千代田化成(14ー17ー12)10g(大匙1杯)をバケツ1杯の水に溶き,成木1本当りに施し充分潅水する様にして居ります。然し8月後半からの追肥は,直接秋花に影響する事を配慮して,通常の品種については追肥は控えます。但し新種等に関しましては,殊に与えた時期や肥量等を記憶して,秋花の表情と結果を見て,施量等を判断する様にして居ります。
 此の様に夫々の立地と条件を克服して,初めて夫々の品種に対する好結果が生れて来るものではないでしょうか。

ページトップへ


3.整枝とシュ―卜の育て方

(1)整枝
 今月の手入れは秋の剪定を前提とした,一連の作業が中心となりますので,先月と同様に,新しいシュートの伸び具合を見てはバランスを考え乍ら,古い主幹枝や,弱い小枝は切除し,急激な作用変化を来たさない様に,葉付きのバランスを考えては,ばらとの会話を忘れず,全体の様子を見乍ら作業を進める様にして下さい。

(2)シュートの育て方
 夫々のシュートの発生した起点を対象として,一般品種に対する秋の剪定迄を前提に,シュートの管理と,ピンチのタイミングについて,述べて見ます ので参考にして見て下さい。

@5〜6月の頃に出たシュートは,4〜5段位に伸びて来て居る頃と思われますが,伸び過ぎると剪定時には,どうしても管理上深切りする結果となりますので,ショックも大きいものとなります。そこで此の場合は例外的に,此のシュートを必要以上に伸ばさない方法を考えます。所謂,4段目が伸びて書が付いても放置し,蕾の色付いた頃に蕾のみを切除する様にします,其の後も脇蕾が付きましたなら同様に蕾を取り去る様にして,秋の剪定迄は出来る限り4段迄で抑える様にし乍ら,剪定時には,4段目の中間部位,又は3段目の好部位で剪定出来る様に下地を作ります。

A 7月中旬頃に出たシュートは,2〜3段目位に伸びて居ると思われますが,剪定時にタイミングよくピンチすると,一連の剪定として考えればよい事となります。

B 7月下旬〜8月初めに出た途中シュートは,8月20日前にピンチして,秋の剪定時にタイミングよくピンチしますと,良い秋花の為の下地となります。但しベーサルシュートの時は,早目に1段目をピンチして,2段目か3段目で剪定出来る様に,タイミングの下地を作ります。

C 8月中旬以降に出た途中シュートは,タイミング的に2段目でのピンチは無理となりますので,1段目でピンチして,そのまま秋花へと連げます。但しベーサルシュートの時は,品種や樹勢の状態にも依りますが,花枝を多めに立てて樹力の分散を図る様にして,(一般的には,良花は考えずに)花を咲かせて,樹の充実を図る様にします。

 此の様にして,シュート発生の起点と伸び具合,剪定時に於ける段数と部位,或は夫々の品種に依っての,夫々の特性があること等を理解して,秋の剪定の為の適切な下地作りが出来ましたなら,開花迄の楽しみは,―入ではないでしょうか。

ページトップへ


4.秋の剪定

(1)剪定のタイミング
 秋花の素晴らしい時期は,地域的に差異を生じますが,当地では10月中旬より11月中旬頃迄の1ケ月位が,ばらの開花の最も良い時期と思われます。此の時期に花を咲かせる為には,9月1日を中心にして,前後5日間位に剪定をする事が良い様です。春の剪定は若干剪定日が前後しても,大きな影響はなく,特別の気象変化のない限り,品種に依る多少の差異はあっても,決った頃に陽気が咲かしてくれます。処が秋の花は,剪定が5日も遅れますと,季節はずれの無駄花となって,素晴らしい花を見る事は無理でしょう。そこで秋の剪定日を決める事は,展示会等の出品者にとっては,特に重要な課題となる訳です。特定の品種は別として,―般の品種は,9月1日に剪定しますと,大凡40日〜60日位の間に開花する様になります。
 例えば,9月1日に全品種について―斉に剪定したといたしますと,早咲種は10月10日頃に,遅咲種は11月始め頃に開花する様になります。又,剪定日を,これより早めますと加速して開花は早まり,遅らせますと,相乗して開花が遅れる結果になります。此の為,剪定日を3日早めますと,1週間以上も開花は早まり,逆に3日遅らせますと,10日以上も開花が遅れる様になります。此の様にして,秋の剪定と開花との因果関係は,非常に重要ですので,展示会,品評会等で期日が指定されている様な時は,剪定のタイミングを慎重に決める必要があります。此等の品種の性質に依る他,剪定の部位,天候,立地,条件等に依りましても,開花の差異を生じますので,私は品種別に過去の実績と実態の記録や,今後の気象見通し等を勘案して,次表の様に早咲,並咲き,稍遅咲,遅咲,と4分類して検討します。そして夫々の品種毎に剪定の中点日を決め,中点日より前後1〜2日(朝と夕方にする配慮も必要)に亘り,確率的に分散して剪定をして居ります。

表 剪定より開花迄の日数による品種別分類

早咲種 並咲種 稍遅咲種 遅咲種
ロイヤル・ハイネス
マグレディス・アイボリー
マグレディス・イエロー
デザ一ト・ドリーム
ウエンディ・カッソンズ
チガ−ヌ
ピンク・ラスター
マーガレッ卜
天津乙女
ヘレン・卜ローベル
ビルゴ
ピカデリー
コンフィダンス
ガーデン・パーティ
そどおりひめ
いざよい
ブルー・ム一ン
サマー・サンシャイン
パパ・メイアン
バーナビ一
レディーラック
ヘンリー・フォ一ド
モンパルナス
アルテス・75
マダム・サチ
ヨニナ
ジャルダン・ドゥ・バガデル
レッド・ライオン
レッド・デブル
レディ・X
サマ−・ホリデー
あけぼの
けごん
スター・クイン
ランドラ
グランパ・ディクソン
マダム・ビオーレ
ローズ・ゴジャール
クリスチャン・ディオ一ル
清涼殿
ビッグ・レッド
ロ一ラ
フロージン・82
コルデス・パーフェクタ一
レッド・クイーン
アンヌ・レッツ
ドルチェ・ビータ
みずほ
フォルトナ
エスメラルダ


 私は実践上或一定の品種を剪定する場合(並咲種のとき),
  中点日(9/1日,朝と夕に分散)に,5,
  中点日の2日前迄に,3,
  中点日の2日後迄に,2,
の割合で先ず分配し,其他剪定部位を考慮に入れて,実施して居ります。 (注) 最近は気象見通しに就いては,あまりこだわらず,自己判断に依り決定して居りますが,確率も良い様に思います。何れにしても,己れ自身が決定した訳ですから,楽しみも倍加するものとなるのでしょう。

(2)剪定部位について
 剪定の作業で前述しました様に,品種に依り多少の差異はありますが,一般に秋の最良花の主幹は,7月15日頃に発生したべーサルシュートが,2回目のピンチを終えて,剪定時には3段目が20cm〜50cm位に伸びた処をピンチして,秋花のステムとする状態が最高のタイミングでしょう。然し此の様に全てがタイミングよく行くものではありませんので,以下良花を得る為の実践法について,述べて見たいと思います。何か参考にして戴ければ幸いです。

@ ベーサルシュート4段目が20cm〜50cm位のとき。
 4段目をピンチして,5段目に秋花を咲かせますが,天井がつかえて秋花に難を生ずるとき,3段目の中央部で剪定します。4段目が15cm以下位のときも此の部位で剪定します。

A ベーサルシュート5段以上のとき。
 5,6月頃より早目に出たベ―サルシュートは,前述のシュートの育て方の項に於いて申しました様に,特殊の手法に依って制限して育てて来た関係上,5段以上には! と考えますが,万一葉を落したり,其の他の理由で,己むなく5段以上になって仕舞ったとき,3段目の中央部で剪定する事は無理があります。(作用のショックが大き過ぎる)ので,3段目の中央部を支柱に結んで,上部を水平に倒し支柱に固定します。(2段目以下は曲げない様にする)先の方は軽く切りつめて置く様にします。芽立ちは一週間位遅れますが,芽立ち日数を換算して,タイミングよく倒す様にすると,中央部より3,4芽が出て,良花を得る事が出来ます。

B ベーサルシュート2段目が20cm〜50cm位のとき。
 2段目をピンチして,3段目に花を咲かせます。2段目をピンチして間もなく(剪定適日の5〜10日位前にピンチしてあるとき)剪定の適日となる様なときは,2段目の中央部の良芽の上で剪定します。然しシュート2段目ですと,秋花にとって少々精力が強過ぎるおそれがありますので,太めのシュートのときは,3本位の花枝を立てる様にして,樹力のバランスを図ります。

C ベーサルシュート1段目が剪定日に20cm〜50cm位のとき,又はそれ以前のとき。
 1段目をピンチして,2段目に花を咲かせます。又剪定時以後になって出たシュートが,9月15日頃迄にピンチ出来る程度の15cm以上の長さになって居りましたら,良花は望めませんが,ピンチしてシュート1段目の幹の充実を図る様にします。然し此の状態に達していないベーサルシュートは,心を鬼にして,元からかき取る様にします。

D 途中シュート又は春の花枝の元から出た芽のとき。
 一般に途中シュートは,ベーサルシュートに比し精力が弱いので,その太さに相応して,1段目か2段目で剪定,又はピンチをして下さい。太い途中シュートの場合は,ベーサルシュート以上に良い花を見る事が出来ますので,大切に育てて下さい。又剪定期にタイミングよく下部附近より出た途中シュートは,特に秀花となる可能性がありますので,慎重に育てて下さい。

E 春に咲かせた枝のとき。
 春に咲かせた枝で株全体のバランス(同化作用)の為を考えて,残して来た花枝を剪定する事等,よくある事ですが,数少ない秋花の事ですし,花は稍小振りですが締った良い花となります,大切に育てて試して見ては如何でしょうか。

 以上の様に,剪定のタイミングと部位については,幾多の差異ある条件の下で剪定をする訳ですから,夫々の多くの経験を通して多様なアレンジも必要かと思います。
 愈々来月は,剪定本番の月となりますので,図解を交えた剪定の実践法について,補足して見たいと考えて居ります。

ページトップへ


5 其他

(1)鉢植えばらの手入れ。
 鉢植のばら剪定は,地植のばらに比較して約1週間位早く咲く様になりますので,タイミング的には地植の剪定日(品種別)より2日位中点日を遅らせて,剪定日を決めますと,地植の開花日と帰一します。
 灌水はマルチング等の保護をして居なければ,毎朝夕の2度,灌水を必要とします。然し顔色を見乍ら灌水代りに,薄い水肥も施す様留意して下さい。

(2)つるばらの手入れ
 つるばらは全く元気で,暑さにも負けず,どんどん伸びて行きます。茂って込み合った枝や古枝は整理して通風をよくし新陳代謝を図って下さい。再三申し述べて居ります様に,つるばらは病虫害の発生源となりますので,消毒は特に丁寧に斑なく散布する様にして下さい。

(3)台風対策
 8〜9月と台風シーズンを迎えますので,剪定が終り次第,支柱を立てて主幹をしっかり固定したり,風通しの強い所は,ヨシズや寒冷紗に依り風雨対策の準備をする様にして,何時でも対処出来る様にして下さい。

 以上で8月の手入れを終りますが,今月は剪定直前の大事な月です。葉ダニには特に注意をなさって,病虫害等に依って,葉を落さぬ様にして下さい。暑さも今月一杯が峠でしょう,秋花の為に頑張りましょう。

ページトップへ


はじめに  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月  1月  2月  おわりに
大月さんのばら講座表紙へ戻る   バラのページへ   Mohri's Home Page へ

counter